踊れトスカーナ!

a0016947_133214.jpgレンタルビデオ屋に行けば観てない映画は五万(!?)と有るのに、どうして何度も同じ映画を借りてしまうんだろう? なーんてそんな映画。原題“IL CICLONE”はサイクロンの意味。サァーっとやってきて引っかきまわしてサァーっと引き上げていく、そんなもののことかな?
イタリアの田舎町に住むレヴァンテは会計士。ハンサムなんだけど、平凡すぎるという理由で前の彼女にフラれるような男。ある日スペインの美しいフラメンコダンサーの一行がちょっとした運命のいたずらからこの町にやってくる。
イタリア人といえば、cantare(歌って)、mangiare(喰って)、amore(愛し合う)、そんな彼らのおおらかな人柄やユーモアに富んだ会話がホントに楽しい。この映画、ありきたりな日常でも突然ワクワクすることが起こるかもしれない…そんな気にさせてくれます。彼女たちが町を後にする時、恋してしまったひとりのダンサーに「胸に沢山の言葉を秘めてる時は、何も言わない方が伝わる」なんて粋な言葉を自然に言えちゃう男、いいなぁ〜。ラストに彼がくだす決断も、思わずニンマリです。
(写真は主人公のレヴァンテ、Tシャツには「癇癪持ち」の文字が…)
[PR]
by barmaze11 | 2004-06-02 13:33 | Movie | Comments(0)
<< SOAP〜登場人物(5)Billy Le coq >>