George Shearing

a0016947_157940.gif“Lullaby of Birdland (バードランドの子守唄)”という名曲はいろいろな人にカバーされ、あのビル・ヘイリー(“Rock Around The Clock”の)さえ演奏しているほど。リリースされている音源はストリングスなどをバックに、割とサロンミュージックのようなものも多いですが、ライブで見る彼のピアノからはグルーブが感じられ非常にBop。それでいて一音一音のツブが揃っていて、とても繊細な音なんです。50年代に撮られた映像もありますが、フレーズとかリズムのアクセントなどは今聴いても斬新でとても新鮮!
まだ音源も資料も少ないパイオニアの時代、ブロックコードという独自の奏法を編み出してJazz界に新風を吹き込んだ盲目のピアニストです。
[PR]
by barmaze11 | 2004-10-16 15:07 | Music | Comments(0)
<< 雪見だいふく ぱらぱら日本昔ばなし >>